カツラについて悩んでいるポイント

薄毛や脱毛に悩みを持った時に、育毛や植毛などの選択肢の中の一つとしてカツラが思いつくと思います。今はウィッグとも呼ばれるようになり、以前よりは抵抗感が少なくなったのではないでしょうか?しかし着用している人にとっては、カツラをつけていても様々な悩みを抱えています。例えば、見た感じの違和感はないか?風に吹かれて飛んでしまわないか?子供に引っ張られて…や急に転んだりしてずれてしまわないか?という、相手から見てカツラをつけていることがばれてしまうということの悩みが一番多いでしょう。また、着用感や着用中の蒸れなどの使用感の悩みもあります。そのような様々な悩みに対応できる方法は数多くありますので、カツラのメーカーなどに相談してみたり、パソコンで経験談を検索してみるとよいでしょう。

カツラの髪質や着用の悩みや違和感について

最大の悩みである「ばれてしまうのではないか」という悩みは、購入するカツラを選ぶときに気をつけるだけで解決できるものが多くあります。まず、違和感があるのではないかというのは、カツラの髪質がいかにも人工的なものを選ばないというだけで半減できるでしょう。髪色も一色のものではなく、交じった感じのものにするとより自然に近づきます。あとはボリュームです。年代にあったものぐらいのボリューム感にすると、また違和感が減ります。その他にも、途中で外れてしまうのでは?やずれてしまうのでは?というものは、サイズがぴったりとしたものであれば、ちょっとぐらいの風やジャンプぐらいなら影響ありません。また、フルでカツラを着用するときには、中にインナーキャップを被ることで、マジックテープで固定することができたりするので、おすすめです。

カツラの着用中の蒸れや使用感の悩み

冬の寒い時期は、カツラを着用することであたたかさがあり、特に困ったことは起こりにくいのですが、夏の暑い時期は大変です。カツラの中が蒸れて蒸れてかゆかったり、汗が流れてきてしまったり、はたまたかぶれて湿疹なってしまったりというトラブルが発生しやすくなります。そこで有効なものは、フルでのカツラの着用時には、メッシュのインナーキャップが有効です。中にカーゼのタオルを仕込んでみたりと汗をうまく対処することができます。また、時々外出先でもトイレなどで外して、こまめにふき取るなども有効です。根本的に解決できるようなものは、今のところないので、その都度対処していく方法が一番です。各カツラメーカーも頭皮などの研究を進めており、さまざまな改良を加えているようですので、その技術の観点からでもカツラ選びをするというのもよいでしょう。